After All,


"物語の世界はめでたしめでたし、となればそこで終わりだけど、現実は違う。手にした幸福の高度の分のなだらかな坂をゆっくりと下っていく日々が待っている。僕はたまに、物語の『めでたしめでたし』のように、幸福の絶頂でこめかみを撃ち抜かれるような幕切れに強い憧れを抱くときがある。"
(via xomorickyxo)

(karikokariから)

— 1日前・リアクション148件
0908stars:

mademoiselle—anna:

【パンジー】

花言葉:信頼、忠実、少女の恋

0908stars:

mademoiselle—anna:

【パンジー】

花言葉:信頼、忠実、少女の恋

— 1日前・リアクション10件
"人が「大人」になって最初にすることは、両親の欠点を理解し、受け入れ、許すことです。"
— 3日前・リアクション1331件
"泣いてたら肩や頭に小鳥とまってほしい"
— 5日前・リアクション304件
mariatakano:

やっぱり卒論は詩かなと思うこの頃。#詩#寺山修司

mariatakano:

やっぱり卒論は詩かなと思うこの頃。#詩#寺山修司

(mmo030から)

— 5日前・リアクション731件
"

私たちの遺伝子中の窒素も、歯の中のカルシウムも、血液中の鉄も、
かつて収縮した恒星の内部で作られた。
私たちの体は、すべて星の物質でできている。
私たちは、きわめて深い意味において“星の子”なのである。

カール・セーガン(天文学者)

"
— 5日前・リアクション2084件
"中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。"
— 5日前・リアクション1909件

myampgoesto11:

Kimsooja: To Breathe - A Mirror Woman (2006)

(fukuku3から)

— 5日前・リアクション57390件
"この歳になって周りを見て本当に思うんだけど、自分が一人じゃない、という確認をしたいがために人との交流を無理やりはかる人の多さは少し異常だと思う。青春はもう終わったんだ、と認められない大人の多さというか。一人でいることを罪悪だと思い過ぎる人が多過ぎるというか。あまりにもダルい。"
— 1週間前・リアクション2233件
"アンサイクロペディアで「猫の肉球は神様のお供えものの桜餅を盗もうとしてひっついた」って書いてあってそれがたまらなく好きでな"

(via cienono)

(元記事: mrngiii (mope12から))

— 1週間前・リアクション2984件